繖山 観音正寺
TEL
MENU
境内の紹介境内の紹介

本堂

本堂は明治期に彦根城の欅御殿を貰い受け移築したものでしたが、平成5年(1993年)に本堂と本尊を焼失。その後、平成16年(2004年)に木造入母屋造の新しい本堂が落慶しました。そして新たな御本尊として総白檀の丈六千手千眼観世音菩薩座像が安置されています。本堂の眼下に広がる蒲生野の美しい景色はいにしえより変わらぬまま。近年造営された新しい本堂ではありますが、慈悲深い観音様が鎮座する堂内は白桂木の香気にあふれ心安らぐ空間です。

伽藍伽藍
外陣外陣
外陣外陣
内陣内陣

本尊「千手千眼観世音菩薩坐像」

本堂と同様に新たに再建された御本尊は、総白檀造の千手千眼観世音菩薩座像です。インド政府から特別な許可を受けて輸入された香木「白檀」の原木23トンを使用してつくられたもので、像高6.3メートル、座高約3.5メートルという日本最大級の大きさを誇ります。

本尊「千手千眼観世音菩薩坐像」本尊「千手千眼観世音菩薩坐像」

白檀観音御身拭い

境内にたちこめる白檀の香りを聞きながら観音様に対面し、自分の願い事を祈りながら大きなお膝を特製の散華にて御身拭いします。御身拭い後の散華は持ち帰ることができますので、自分だけの御守りをお作りください。本堂内陣特別拝観と御身拭い志納金300円。

白檀観音御身拭い白檀観音御身拭い

仁王像

長い参道から境内へ進むと両脇に雄々しい仁王像がそびえ立ちます、山門を持たない当時の門固めです。

仁王像仁王像
仁王像仁王像

奥之院

1400年の昔、聖徳太子は巨岩の岩で舞う天人を見て、その岩を「天楽石」と名づけられました。現在は「奥の院」として巨木の中に大きな岩が点在しており、天楽岩の磐座の内部には聖徳太子が彫られたと伝わる妙見菩薩を中心に五仏の仏が描かれております。奥の院の参道は、倒木や地滑りの危険があるため現在は立入禁止としています。

奥之院奥之院

年間を通じて、
様々な季節の花が咲き誇ります。

観音正寺は、
一年を通じて四季折々の花が咲き、
美しい新緑と春夏秋冬様々な
表情を魅せてくれます。

これぞ天空の寺院!繖山から
眼下に広がる安土の絶景は必見!

境内(繖山)からは、まさに“天空の寺院”にふさわしい、安土町の大パノラマが広がります。
安土城のあった安土山や、西の湖をはじめ、素敵な絶景をぜひお楽しみください。

境内(繖山)からは、まさに“天空の寺院”にふさわしい、安土町の大パノラマが広がります。
安土城のあった安土山や、西の湖をはじめ、素敵な絶景をぜひお楽しみください。

これぞ天空の僧院!繖山から眼下に広がる安土の絶景は必見!これぞ天空の僧院!繖山から眼下に広がる安土の絶景は必見!
PAGETOPPAGETOP